結婚式は神社で

神社結婚式について詳しくご紹介します

このサイトでは実は以外と知られていない場合もある、神社結婚式についての情報をご紹介しています。
神社での結婚式のことを深く知ることで、あなたの選択肢が広がるのでおすすめです。
神社で結婚式を挙げる際に考えられるメリットやデメリット、さらに神社で結婚式を挙げるには何から始めるべきかについても紹介しているサイトです。
またかかると予想される費用も解説しているので、これから神社で結婚式をしたいのであればぜひ参考にしてみてください。

実は以外と知られていない?神社結婚式のことを深く知ることであなたの選択肢が広がる

実は以外と知られていない?神社結婚式のことを深く知ることであなたの選択肢が広がる 結婚式をしたいけれどどのようなスタイルでおこなうのが良いか、と迷っている人もいるのではないでしょうか。
そのようなときには、神社結婚式という選択肢についても考えてみることをお勧めします。
現代の日本では、キリスト教式の教会式や人前式のほか神前式という方法で結婚式をする人も多いです。
神前式というのは神社の神殿でおこなう結婚式で、神社の神に結婚の報告をするという意味合いがあります。
神社結婚式は古くから日本でおこなわれていたものですが、一般にも広まったのは明治時代からです。
家と家の結びつきを重視していて、参列することができるのは一般的に家族や親族のみとなっています。
伝統的な日本の文化を大切にしたい人にとっては、ぴったりです。

神社結婚式という特別な場所で、一生の思い出作りを

神社結婚式という特別な場所で、一生の思い出作りを 最近は「着物女子」という言葉が流行ったり、神社で御朱印を頂くのが流行ったりと、和のテイストを取り入れることがブームになっており、神社結婚式を挙げる方も増えてきています。
それだけではなく、もともとお住まいの地域でゆかりのある神社があり、一生の思い出を特別な場所である、神社で挙げたいと思う方もいるでしょう。
では、まず何をすれば神社結婚式を挙げられるのか、流れや掛かる費用についてご紹介します。
まず、既に結婚式を挙げたい神社が決まっているのなら、その神社で結婚式が可能かどうか問い合わせを行うのが早いでしょう。
ただ漠然と神社結婚式を挙げたいという方は、最近では神社もホームページで挙式について情報が公開されている場合もあるので、気になる神社のホームページを探すのも手です。
そして気を付けて欲しいのが、両家で信仰している宗教がないかどうかのすり合わせです。
無宗教の方で、さほど意識せずに神社でのお式を考える方もいますが、神社婚は「神前式」にあたります。
宗教に差し支えがないかを両家で確認を取ってから、準備を進めていきましょう。
そして次に相場ですが、単に式を挙げるだけなら20万円から25万円前後が相場ですが、メイク代や撮影代が別になることもあるので、まずは確認してみましょう。

神社結婚式で知っておきたいルールについて解説

神社結婚式でのルールは、大きく分けて4つあります。1つ目は身を清める手水の儀です。神社結婚式の場合、式場に入る前に参加者全員の身をお水で清めています。最初に右手でひしゃくに水を汲んで左手を清めたら、右手と口も水ですすぎ、用意された懐紙で口元と手についた水気を拭きとります。2つ目は神職が最初の挨拶を行う斎主挨拶です。挨拶が終わったら、神前に向かって全員で一礼するというルールがあります。3つ目は新郎新婦がお神酒を飲み交わして夫婦の契りを結ぶ三こんの儀です。三種類の杯があり、小杯から中杯、大杯の順番で杯を交わしていきます。小杯と大杯は新郎から新婦、新郎という順に飲みますが、中杯は逆になります。お神酒を飲み干す必要はないため、口を付けて飲むふりをするだけでも問題はありません。4つ目は玉串を神前にお供えする玉串奉奠です。しめくくりに参列者全員で行う二礼二拍一礼では、パンパンと音を立てて拍手をする必要があります。また、一礼の後に最後にもう一度礼をして、動作が終わったという区切りにします。

神社結婚式で行う儀式に込められた意味について

御朱印集めブームに見られるように、日本の伝統を見直す人が増えています。キリスト教徒でもないのに教会式の結婚式を挙げることに疑問を持つ人も多く、神社結婚式を見直す流れがあります。神社結婚式で行い儀式にはそれぞれ意味があり、それを示していきます。 まず修祓の儀は、罪や穢を祓うことを目的とします。神主が祓詞を述べた後に、大幣を振って、新郎と新婦の身を清めます。祝詞奏上の儀は新郎と新婦の結婚を、神主が神様に伝える意味があります。しっかりと報告することで加護をお祈りすることができます。三献の儀は新郎と新婦が夫婦の契りを交わすものです。大きさの違う3つの杯で御神酒を3口ずつの飲むことから、三三九度と呼ばれることもあります。誓詞奏上は夫婦と誓いを神様に伝えるものです。玉串奉奠は神と人の心を繋ぐ玉串を、捧げる儀式です。玉串は杉などの木の枝に、紙垂や木綿を麻で結びつけたものです。誓詞奏上と玉串奉奠の間に指輪の交換を挿入することもありますが、これは教会式から採り入れたものです。

神社結婚式をした後には食事会をするべきか

新郎新婦にとって思い入れのある神社でウェディングをしたいけれど、神社結婚式の後には参列した人たちを招いて食事会をするべきかという悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。一般的に現代の結婚式では、挙式の後に披露宴を行うことが多くあります。これは洋風のウェディングでも和風ウェディングでも同様です。そのようなことから、神社結婚式をした後には食事会をするのも自然なことです。神社での挙式後、場所を披露宴会場に移してパーティ・披露宴をすると、参列者におもてなしをすることができます。会場となる場所は神社に併設されている会館を選ぶことも多いですが、そのような会場のない神社の場合には別途料亭やホテルなどの宴会場を利用して食事をすることが多いようです。当日に挙式・宴会のどちらもすることがありますが、挙式当日には少人数のみで神社結婚式をし、後日一般の人たちの招待して披露宴や食事をする会をするという方法もあります。

神社結婚式でのメイクは特徴を理解した上で行う

カップルにとって人生の大きなイベントの1つとして結婚式があり、夫婦となる門出をお祝いするために様々な準備が行われます。結婚式自体には色々な種類がありますが、最近では日本ならではの式として和装となる神社結婚式を選ぶカップルも多いです。実際に神社結婚式だからこそ着用する事ができる白無垢や色内掛けなどは、着物の最大限活かした美しさを体験する事ができるのが魅力となっています。実際に白無垢や色内掛けを着用する際に、把握しておくべきポイントとのあるのがメイクになります。白無垢の場合は伝統的なベースメイクは白塗りとなり、ポイント毎に鮮やかな色を使用するのが特徴です。そのため着物だけでなく化粧も独特な伝統を体験する事ができ、特別な式にする事が出来ます。色内掛けの場合はあでやかな着物を着用するので、ナチュラルではなくしっかりした化粧をすることで、着物とバランスを取る事が出来ます。着物がもつ本来の美しさを保ちつつ、特徴を理解した化粧を行う事でより美しく着こなす事が可能です。

神社結婚式で気をつけたい服装マナーについて

日本の伝統文化を感じることができる神社結婚式が人気を集めている今、神社婚に招待されることも珍しいことではありません。神社婚に参列することになったらどんな服装が最適なのか?ここでは神社結婚式における服装マナーについて紹介したいと思います。友人として式に参列する場合、男性であれば両家の父親よりも目立たない控えめな装いを意識した正装もしくは準礼服で、白かグレー系のネクタイが一般的です。女性の場合は洋装や和装どちらでもかまいませんが、せっかくですから神社の雰囲気にぴったりな着物で参列してみるのもいいでしょう。着物であれは訪問着や振袖で、色や柄はなるべく目立ち過ぎないものを選ぶことがポイントです。洋装で参列する場合も着物と同じく派手なものは避け、落ち着いた色のものをチョイスします。神社は砂利道が多いので高過ぎるハイヒールピンヒールは避け、歩きやすいパンプスなどを選び、ストッキングは必ず着用するようにしましょう。

神社結婚式に招待される参列者とはどんな人なのか

日本人にとって馴染みの深い神社でおこなう神社結婚式は、どのような参列者を招待するのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。日本ならではウェディングである神社結婚式は、奥ゆかしさがあるとして近年再び注目を集めています。
神社の神殿で行われるのが特徴で、花嫁行列をすることでも知られています。これは一同が結婚式が行われる神殿に向かう行列で神職に続いて新郎新婦その後に両家の親、そしてその他の親族が続きます。神社結婚式は家と家との結びつきを重視している結婚式であるため、基本的に参列者は両家の家族と親族だけです。式では新郎新婦が交互にお神酒を飲み夫婦の契りを結びますが、その他に親族盃の儀という両家の人たちが一斉にお神酒を飲む儀式もおこなわれます。これにより2つの家が親族になるという意味がある儀式です。このように家同士の繋がりを大切にするのが神社結婚式なので、参列するのは両家の人たちだけです。

神社結婚式における祝詞奏上には幸せを願う気持ちが込められている

神社結婚式とは、その名の通り神社を式場として執り行われる結婚式です。わが国の伝統的な思想である神道の精神にのっとり、祭神の前で永遠の愛を誓います。厳粛な雰囲気の中にも和婚ならではの独特な華やかさがあることから、根強い人気があります。
神社結婚式の式次第にはいろいろなパターンがありますが、多くの神社において行われているのが神職による祝詞奏上です。祝詞とは神様に対して式の目的や内容などを伝える言葉のことで、ここでは新郎新婦がめでたく結婚したという事実を意味します。この事実を神様に報告するのが、祝詞奏上です。
神道の世界には言霊信仰というものがあり、言葉には霊力が宿っていて、その言葉を口にすることで願い事が実現したり、現実を変えたりする力が生まれると考えられてきました。祝詞の奏上には、これからの結婚生活が安泰で、二人の行く末が幸せなものになるようにとの願いを、神様に伝えることで現実のものとするという気持ちが込められています。

京都の有名な神社結婚式は年間何組が執り行っているのか

昨今は若い世代の間で、日本文化に再注目が集まっています。街中をみると十代の方でも着物を着用していたり、日本髪をアレンジしたヘアースタイルをチョイスされているほどです。そして冠婚葬祭の面でも影響を受けており、神社結婚式が高い人気となっています。
聖地とも呼ばれているのが京都の上賀茂神社で、年間何組が執り行っているのでしょうか。簡単にここで見ていくことにしましょう。まず神社結婚式は文字通り、神社で実施をする結婚式です。日本では以前からなされていましたが、1980年代以降は教会方式が多い傾向でした。しかし、2000年以降はまた人気があって上賀茂神社では、年間約4000組が式を挙げられています。毎日最低でも2組以上が行っている計算であり、まさに聖地といえるわけです。この場所はパワースポットとしても有名で、神社結婚式をするのには打ってつけです、全国的に件数が多くなったのが、それ以外のところでも見受けられます。

神社結婚式は大正時代以前から続く伝統的な結婚式

神社結婚式はいつからはじまったのかというという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
現代のような神社結婚式は、大正時代よりも前の明治33年におこなわれた皇室の慶事が起源になっているといわれています。この時にご結婚されたのは後の大正天皇となられる皇太子と、九条節子姫でした。九条節子姫は後の貞明皇后です。宮中の神鏡を祭っている賢所の前で御婚儀をされたそうです。その翌年には一般においても初めての神社での結婚式が行われ、さらに全国に広まっていきました。しかしこの神社結婚式で行われていた内容はさらに古い時代から受け継がれてきた、家庭において執り行われていた結婚の儀式がルーツにあります。神社で結婚式をしていなかった時代には床の間に神の掛け軸をかけ供え物をし、新郎新婦がお神酒を頂き夫婦の契りを結ぶというものだったといわれています。このように、神社結婚式は日本の古い時代から伝統を継承して今の時代にまでつながっている結婚式です。

神社結婚式では新郎新婦は洋装はできないのか?

神社結婚式といえば、純和風のウェディングというイメージがありますが洋装は着られないのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
現代の神社結婚式は装ウェディングに憧れる人から人気を集めているのが特徴で、新郎新婦は和装を着用することが多いです。日本の伝統的な衣装の白無垢や色打掛が新婦の装いとなり、新郎は紋付き袴が一般的です。奥ゆかしさがあり美しく風情のある様子が人気です。しかし神社結婚式は必ず和装でなければならないというわけではありません。神社によっては平服で結婚式が出来るところもありますし、洋装が可能なところもあります。ただし、どこの神社であっても洋風の装いが可能であるわけではないことは注意しておきたいところです。その場合には神社結婚式は和装でおこない、披露宴はウェディングドレスでするといったことも少なくありません。この方法ならば、和洋どちらの婚礼衣装も着られるのがメリットです。

家族だけでの挙式を考えているのであれば神社結婚式がおすすめ

教会でのウェディングもいいですが、近年では日本の伝統的な挙式スタイルである神社結婚式の魅力が再認識されて人気を集めています。
家同士の結びつきを大切にするのが神社での神前結婚式ということもありますし、特に年配の人にとってなじみが深いと言えます。
また神社結婚式の場合、神社によっては家族や親族が参列するだけで収納人数に達してしまうということもありますので、大規模な挙式ではなく家族だけで挙式を行いたいという方にもおすすめです。
この場合、各神社ごとに初穂料が違いますので、事前に確認をしておく必要がありますし、家によっては宗教に対しての考え方に違いがあることから、お互いの両親へ事前に確認しておくとトラブルにつながることなく式を挙げることができます。
自分たちで探すという方法もありますが、神社結婚式が挙げられるよう、神社と提携している結婚式場もありますので、そこのウエディングプランナーに相談をすると不安や心配事を解消しつつ計画を立てることが可能です。

世代を超えて継承される神社結婚式の魅力とは

神社結婚式の最大の魅力は、日本ならではの厳かな雰囲気の中で式を挙げることができるという点にあると言えるでしょう。
白無垢や色打掛などの和装と、伝統的な儀式の数々は世代を超えて継承される日本の素晴らしい伝統です。神聖な雰囲気に包まれた神前式をかなえることができるのが、神社結婚式の魅力であり年齢を問わず多くの人に支持される理由であると考えられます。
ホテルや結婚式場の神殿でも神前式を挙げることはできますが、初詣などで馴染みがある神社であれば、毎年訪れることもできより親を感じることができるでしょう。神社結婚式は、世界遺産に登録されている神社でも行うことができます。
特別な場所での挙式は参拝客にも祝ってもらうことができ、最高の思い出となること間違いなしです。ただし、有名な神社などで行う場合は早い段階での予約が必要となり、参列者の人数が制限されることもあります。挙式の予定が決まり次第、すぐに希望の場所に問い合わせをしてみることをおすすめします。

どうして神社結婚式は外国人に人気が高いの?

今は教会やチャペルで結婚式を行う洋式スタイルの人気が高まりを見せていますが、日本本来である伝統的な和装スタイルで挙式を挙げることができる和式も非常に魅力的だと言えるので、可能であれば両方を取り入れることができる良いとこどりの挙式を開催するのが最もおすすめできます。
また、最近は日本で外国人の方が式を挙げる機会もかなり増加してきており、神社結婚式はとても注目を浴びるようになってきました。
なぜ外国人に神社結婚式が人気なのかというと、着物に対して強い憧れを持っており一度は体験してみたいと考えている方がかなり多いからです。
そして、日本の文化に溶け込みたい、もっと深く知りたいとする意欲的な方も増加していることが理由として考えられます。
今は世界全体がグローバルな社会へとなってきているので、こうした文化交流が盛んになって外国と日本の隔たりが少しでも無くなるきっかけになるのであれば、今後もどんどん神社結婚式を盛り上げていきたいと考えずにはいられないでしょう。

世界遺産で神社結婚式を挙げることがことができる

日本の世界遺産の中には、神社結婚式を挙げることができる場所が複数あります。人類共通の財産として保護し、後世に伝えていくために登録される世界遺産で、結婚式を挙げることができたら一生に一度の体験がさらに特別なものになること間違いなしです。
後世に継承されるべき場所で神社結婚式を行い、毎年夫婦で旅行をし思い出の場所を訪れるという人も少なくはありません。
とはいえ神社結婚式は人気が高まっていることもあり、予約が取りにくいという場所もあります。神前式をしたいと考えているなら、まずは希望の神社に早めに問い合わせをしてみることをおすすめします。
一般的には、挙式の1年前から予約を受け付けている所が多いです。挙式を行うことが決定したら、前撮りや後撮りを行うことができる場合もあります。
普段は入れないような厳かな場所で、2人だけの最高の写真を残すことができるのです。貴重な場所での挙式は、当日参列可能な人数に制限がある場合もあるので、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。

伝統的な挙式スタイルの神社結婚式が人気を集める理由とは?

日本では結婚式と言えば教会式のイメージが強いですが、神社結婚式もまた根強い人気を持っています。その理由としては、日本の伝統的なスタイルを体験できることが挙げられます。
神社結婚式は室町時代の武家の結婚式が起源とされており、明治時代に大正天皇のご成婚がきっかけとなって広まっていきました。
花嫁の白無垢や打掛、花婿の袴といった和装を楽しむことができるでしょう。厳かな雰囲気がありながらも、親しい親族の間のみで行われるので、アットホームな感覚があるのも魅力の一つです。
伝統的な儀式が行われますが、内容はカップルの要望に応じて変更できる場合もあります。特に指輪交換は元々神社結婚式にはない習慣でしたが、交換をしたいという要望が集まったために定着していったという背景があります。
新郎の活躍の場が多いことも神社結婚式の特徴です。例えば誓詞奏上と呼ばれる儀式では、結婚の誓いの言葉を新郎自身が神前で読み上げます。新郎が頼もしい姿を披露する場面が多く存在することも人気を集める理由として挙げられます。

神社結婚式に関する情報サイト

京都 神社結婚式

新着情報

◎2023/10/4

情報を更新しました。
>家族だけでの挙式を考えているのであれば神社結婚式がおすすめ
>世代を超えて継承される神社結婚式の魅力とは
>どうして神社結婚式は外国人に人気が高いの?
>世界遺産で神社結婚式を挙げることがことができる
>伝統的な挙式スタイルの神社結婚式が人気を集める理由とは?

◎2022/12/2

情報を追加しました。


>神社結婚式に招待される参列者とはどんな人なのか
>神社結婚式における祝詞奏上には幸せを願う気持ちが込められている
>京都の有名な神社結婚式は年間何組が執り行っているのか
>神社結婚式は大正時代以前から続く伝統的な結婚式
>神社結婚式では新郎新婦は洋装はできないのか?

◎2022/1/31

情報を更新しました。
>神社結婚式で知っておきたいルールについて解説
>神社結婚式で行う儀式に込められた意味について
>神社結婚式をした後には食事会をするべきか
>神社結婚式でのメイクは特徴を理解した上で行う
>神社結婚式で気をつけたい服装マナーについて

◎2021/11/1

神社結婚式の予想される費用
の情報を更新しました。

◎2021/8/30

神社結婚式は何から始めるべきか
の情報を更新しました。

◎2021/8/11

サイト公開しました

1人なんだろ〜っ來島くんと揺蕩の地元の奉納遠征行くとか!🤔町並みや神社に見覚えあったら思い出が蘇る…かも…!? ふふ笑「…人違いだったかも…」こんなにいじわるじゃなかった……とまた溝が深まるのでした…仲良しになるはずなのに……😭

神社やお寺を信仰ではなく愛着という点で大切に思う人も多いだろうな 現代日本で信仰に救われる人や信仰心を自覚して生活している人は多くないだろうけど、神社やお寺は地域のお祭りなどの場として思い出や縁を育んだ人は多いだろう。 その点でもそこが無数の人々の大切な場所であることは変わらない

幼稚園時代の辛い思い出の1つに病気や台風以外は毎日外に出ることがあった。外に出ないと癇癪したり、落ち着かなくて家の物が全て遊び道具化し、壊されたり荒らされたりするので降園後は毎日公園、神社、散歩、市民プール、児童館、買い物と色々な所へ行ってた。こちらの体調不良の日は苦行だった↓

返信先:アイビースクエアや大原美術館、阿智神社もお参りして倉敷満喫しました🎶 海外のお客様もとっても多いんですね!こんな素敵な場所を日本の思い出にしてもらえたら嬉しいですね🥰

研究室メンバーと空いた時間見繕って神社行ったりしたけど途中で「こういう場合は寺なのでは?」とかなり、もうよくわからなくなったので各々自分の好きな自社仏閣に行くってことで解散した思い出

-->