結婚式は神社で

神社結婚式について詳しくご紹介します

神社結婚式を挙げる際に考えられるデメリット

神社結婚式を挙げる際に考えられるデメリット 神社結婚式には、洋式の結婚式にはないさまざまな魅力があります。
ただ、神社結婚式にあたってはいくつかのデメリットも存在する点には注意が必要です。
たとえば、神社結婚式の場合列席できるのが親族のみとなっていることも多いです。
これは、本来神前式は「親族杯の儀」とあるように、両家の縁を結ぶ意味合いもあるがゆえに基本的に挙式に列席できるのは両家の親族のみとなっていることに由来しています。
また、神社自体のスペースも広くないため、列席できてもその人数はかなり限られます。
加えて、歴史のある建物である神社はいわゆるバリアフリー設備が整っていない傾向にあります。
そのため、年配の列席者の方にはかなり配慮が必要です。
神社によっては長い階段や大きな段差があり、車椅子には対応していないこともありえます。
事前確認が必要です。
さらに、和装の衣装代は洋装より安めな傾向にありますが、かつらなどによっては値段が高く付ことがある点にも注意しましょう。

神社結婚式を選ぶ場合には参進の儀の詳細を知る

神社結婚式を選ぶ場合には参進の儀の詳細を知る 神社結婚式を希望する場合には、参進の儀の儀式について学んでおかなければなりません。
参進の儀とは神職や巫女を先頭にして新郎新婦や家族が列になって神殿まで歩いていく儀式のことを指し、列には音楽を演奏する人も加わっていて厳かな雅楽の調べが厳かな雰囲気を作ります。
そんな中で神社に奉仕する神職と巫女に導かれながら新郎新婦、両家の親、親族の順に本殿に向かうのですが、形式に関しては神社やその地方によって様々です。
これから神社結婚式を挙げようと考えている場合にはどのような儀式なのかをしっかりと押さえるべきですし、細かな点についても理解しなければなりません。
神様の居るご神殿はこれから二人が将来の安泰を祈願する未来の象徴であり、今現在の二人とその後ろには二人を支えてくれる家族や友人たちがいます。
これが過去・現在・未来の三位一体を表しているという説もあり、深く理解することでより思い出深い式にすることができます。

新着情報

◎2023/10/4

情報を更新しました。
>家族だけでの挙式を考えているのであれば神社結婚式がおすすめ
>世代を超えて継承される神社結婚式の魅力とは
>どうして神社結婚式は外国人に人気が高いの?
>世界遺産で神社結婚式を挙げることがことができる
>伝統的な挙式スタイルの神社結婚式が人気を集める理由とは?

◎2022/12/2

情報を追加しました。


>神社結婚式に招待される参列者とはどんな人なのか
>神社結婚式における祝詞奏上には幸せを願う気持ちが込められている
>京都の有名な神社結婚式は年間何組が執り行っているのか
>神社結婚式は大正時代以前から続く伝統的な結婚式
>神社結婚式では新郎新婦は洋装はできないのか?

◎2022/1/31

情報を更新しました。
>神社結婚式で知っておきたいルールについて解説
>神社結婚式で行う儀式に込められた意味について
>神社結婚式をした後には食事会をするべきか
>神社結婚式でのメイクは特徴を理解した上で行う
>神社結婚式で気をつけたい服装マナーについて

◎2021/11/1

神社結婚式の予想される費用
の情報を更新しました。

◎2021/8/30

神社結婚式は何から始めるべきか
の情報を更新しました。

◎2021/8/11

サイト公開しました

2人伝統を軽視するのであればこの世の世界遺産やら神社、寺なんて全部ぶっ壊してビルでもなんでも建てた方がいいでしょ 歴史の保存が重要視されてきてる現代において、世界で唯一まだ受け継がれている天皇系譜をここで崩すことにメリットだのデメリットだのを持ち込むのはナンセンス極まりない
-->